包茎はなぜ悪いのか

男性特有の悩みと言えば包茎ですが、なぜ包茎が悪いのかと言いますとまず臭いが発生し易くなってしまいます。
皮が剥けている状態の場合と違い、亀頭と皮の間に垢や尿成分が残留してしまいますが、そういった汚れが原因によって臭いが出てしまいますし、しかも強い臭いが発生する事もありますので、女性からも嫌われてしまう原因になります。
また、雑菌が繁殖している状態ですと性病に掛かり易くなるのもデメリットです。
通常なら掛からずに済む病気にも掛かる可能性がアップしますので、健康面でもデメリットがあると言えます。
セックスに弱くなってしまうのも包茎の良くないところです。
常に皮が被っている状態ですと、刺激に弱くなってしまいます。
本来なら亀頭が剥き出しであり、パンツに擦れるなどして鍛える事ができますが、包茎の場合はそういった刺激がありませんので、セックスの際にもすぐに射精してしまう可能性があります。
そもそも状態によってはセックスも難しくなりますので、男性としての自信を喪失する原因にもなり得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>