包茎はなぜ悪いのか

男性特有の悩みと言えば包茎ですが、なぜ包茎が悪いのかと言いますとまず臭いが発生し易くなってしまいます。
皮が剥けている状態の場合と違い、亀頭と皮の間に垢や尿成分が残留してしまいますが、そういった汚れが原因によって臭いが出てしまいますし、しかも強い臭いが発生する事もありますので、女性からも嫌われてしまう原因になります。
また、雑菌が繁殖している状態ですと性病に掛かり易くなるのもデメリットです。
通常なら掛からずに済む病気にも掛かる可能性がアップしますので、健康面でもデメリットがあると言えます。
セックスに弱くなってしまうのも包茎の良くないところです。
常に皮が被っている状態ですと、刺激に弱くなってしまいます。
本来なら亀頭が剥き出しであり、パンツに擦れるなどして鍛える事ができますが、包茎の場合はそういった刺激がありませんので、セックスの際にもすぐに射精してしまう可能性があります。
そもそも状態によってはセックスも難しくなりますので、男性としての自信を喪失する原因にもなり得ます。

お酒を飲み過ぎないように

 お酒を飲むと、周囲の人とのコミュニケーションの潤滑油として働き、楽しい気分になります。それらは適度なストレス発散にもなりますが、過度な飲酒は逆に肝臓障害や、おつまみで食べるものは塩分も多く高血圧、高コレステロールの原因になります。何事も適度が一番いいですよね。

ですが、たまには飲みすぎてしまったなんてことにはなりがちです。二日酔いの予防に、飲んだ日には寝る前にグレープフルーツジュースを飲むといいんです。

グレープフルーツにはビタミンが豊富であり、アルコールはビタミンを減少させます。なおかつグレープフルーツにはアルコールを分解する成分が含まれています。

次の日朝早いのに飲みすぎちゃった・・・なんて日にはグレープフルーツジュースをお勧めします。